フォト
2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今日のまろん

無料ブログはココログ
ブログパーツ
dekiru足あと

花火

« クリスマスの頃・・・・ | トップページ | ルルくん、2歳! »

2015年1月29日 (木)

便秘で死ぬ!?

 ニャンコの便秘が、どれほど怖いものなのかを思い知らされました(;ω;)・・・・

.
 5日くらい連続で、滅多に吐かなかったまいたんが毎日のように吐くようになりました。
1回目の吐しゃ物には、うずらの卵が1cmくらい長くなった毛玉の塊があったので、『変えたダイエットフードに毛玉ケアがないからかな?』と思い、毛玉ケアスナックを混ぜました。
 それでも吐いて、1日2回吐く日もあり、トイレに何回も入って長いこと座り込んでいる時もありました。膀胱炎?とも思ったけど、トイレシートを確認するとオシッコもちゃんと出てるし、血尿は見当たない。夫がネットで調べると、兆候としては《膀胱炎》などの《泌尿器系》に当てはまるので、『まずは診察』と思い、いつもの茂原の《むらた動物病院》に電話し、翌日の予約が取れたので、朝一で連れて行きましたhospital
.   :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
.
 症状を伝えたら、まず触診からsign01
先生に横から真ん中からゴリンゴリンお腹を触られまくり、いつも温厚なまいたんがさすがにウ゛ーウ゛ウ゛ウ゛ウ゛ウ゛ウ゛annoyって怒ってました。
 すると先生が『たぶん便秘だと思います。レントゲンを撮ってみましょう』と。オシッコは溜まってないそうなので、膀胱炎の可能性は消えました。
 で、レントゲンを見てみると、ウンチがいっぱいsweat02
.
                       上から見た図
Photo.
                        横から見た図
Photo_2.
 こんなにつまってたら、ウンチするのにいきんだ勢いで、吐いてしまうんだそう・・・・
とにかく出さないといけないので、浣腸して柔らかくなったウンチを掻き出すために日中あずけて、夜にお迎えに行くことになりました。
.
 帰宅後、母と電話で『まいたん、ウンチと戦ってるんだよー』なんて笑って話していましたが、18時に迎えに行ったところ、笑ってなんていられない状況にdespair
.
    ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。
.
 担当医師から『今、柔らかくなったウンチを掻き出してるので、もう少しお待ちください』と。
まいたんのウンチは相当頑固で、浣腸しても出ないそうで・・・・
 すると、診察室の奥から、すさまじい猫の叫び声が聞こえてきました。私にはそれがまいたんだとすぐわかりました。家でも聞いたことのない叫び声でした。どんなことをされてるのか不安になり、スマホで《猫・便秘・掻き出す》で検索してみると、《医師が指で掻き出す》とありました。要するに、肛門から指を入れて掻き出すわけですから、まいたんにしてみれば地獄でしょうshock他の方の診察時にドアが開くと、処置室の奥で4人くらいで押さえつけられてる図が見えたので、たぶんまいたんだなと・・・・まいたんの叫び声が聞こえるたびに落ち着かなくて涙が出てきましたweep貧乏ゆすりしたり耳をふさいだりして待ちました。
.
 そして、やっとまいたんが戻ってきて、まいたんを車に乗せて、診察室で説明を受けに行くと院長先生がいて、『この子、このまま放っておいたら、腸管破裂で死んじゃうよsign03って言われましたshockとにかく早いとこウンチを出さないとってことで、浣腸をもう1回打つことになりました。その間、院長先生から説明を受けました。
『猫の便秘は甘く見たらいけない。腸管破裂で死ぬこともあるし、医師が指を入れて掻き出すのにタイミングを間違えると、それだけで腸管破裂してしまう』と。
 危うく、まいたんを死なせてしまうところだったのです。飼い主として反省しなければなりませんdown
 まいたん、下剤も飲まされました。院長先生が『この子は怖がりだから、自宅じゃないとウンチしないだろう。医師が掻き出すのではなく、できれば自分でいきんでさせた方がいい。』と。 ただ、まいたんは骨盤が標準より狭いそうだ。
.
Photo_4.
『骨も犬並みに薄いから、おそらく、子猫の時にカルシウム不足だったからだろう。』と。『生後2ヶ月くらいで保護したんです』と伝えると『母親からあまりミルクをもらえなかったか、母親自体がカルシウム不足だったのかも』と。
『骨盤が狭い分、踏ん張る力も足りないから便秘になりやすい。これからは便秘しないような食事を心がけないといけない』と。
 ダイエット食に、また《ロイカナ・可溶性サポート》を混ぜないといけないので、せっかく減った体重が戻っちゃうかもsweat01
.
 夜のお迎え後、会計待ちの様子。
 こねくり回されて大変な思いをしただろうから、顔くらいならいいかと思って。
飛び出すことはしなかったけど、臭いをかぎまくってた。時間も19時半を過ぎてたから私たち以外はいなかったんだけどね。
.
Photo_6
.
 帰り道は、便意をもよおすこともなく、疲れて爆睡してた。でも『腸管破裂で死んでしまう』と聞いてしまったから不安で不安で、途中『まいたん』って何度も寝てるところを起こして声を聞いて安心してました。鳴き声もニャーって、ラジオのボリュームを下げないと聞こえないくらいに小声でした。20分近く、鳴き叫んだんだから、よっぽど疲れたんだね。
 ルルくんはたくさんウンチが出るのに比べ、まいたんは少ないとは思っていたけど、出ない分がお腹にたまってるって認識が甘かった。私のせいでまいたんにかわいそうな思いをさせちゃったなって。まいたんがかわいそうで、まいたんに申し訳なくて、泣きながら運転して帰りました( ´;ω;`)ブワッ
 翌朝の朝食後、昨晩のうちに出しておいた新しい《唐草模様のトンネル(ピンクバージョン)》に早速入って、お寝んねsleepy前のタイプとは違って、途中に出入り用の穴がないので、安心するみたいhappy01前のトンネルは、まいたんがお粗相してしまったので、買い換えました。
.
Photo_5
.
 このあと起きてから、目薬→飲み薬→浣腸と行ったのですが、浣腸は大失敗でしたng
前日に長い時間、肛門をいじられたのが嫌だったんだろう、暴れるは鳴き叫ぶわで、私にはかわいそうで出来ませんでしたwobblyウンチが出たあとのおしりふきをするのにも、怒るようになっちゃいましたdown
 《むらた動物病院》に電話して聞いてみたら、『浣腸は無理してやらなくていいので、飲み薬で対処していきましょう』と。
 それから2日後の今日も、《むらた動物病院》の看護師さんから電話がきて、『まいちゃんのその後の様子はどうですか?』と。たかだか便秘で診察していただいたのに、経過を気にしていただいて、とても有り難いと同時に心強かったです。
 《むらた動物病院》は、素晴らしい病院だと思います。地元の病院に紹介してもらって知ることになったのですが、車で1時間かけて通う価値のある、素晴らしい病院だと思いますshine
 まいたんの失明を救っていただき、更に腸管破裂で危うく死ぬところを救っていただき、心から感謝しています。先生の指示に従って、ニャンコ達を守っていこうと思いますsign03 end

« クリスマスの頃・・・・ | トップページ | ルルくん、2歳! »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593747/61052344

この記事へのトラックバック一覧です: 便秘で死ぬ!?:

« クリスマスの頃・・・・ | トップページ | ルルくん、2歳! »